お腹の悩み解決目指せスリムなお腹

ぽっこりお腹を改善する方法┃薬を使ってみましょう

浣腸を使ってみる

お腹

食生活や生活リズムが乱れると便秘になりやすくなります。便秘になるとぽっこりお腹になってしまい、腹部の張りや残便感に悩まれることになるでしょう。そういった場合は、簡単に使う事ができる浣腸で排便を促してみて下さい。そうすることで、すっきりすることができます。

詳細

原因を調べる

レディー

多くの女性が便秘に悩まされているといっても過言ではない程、最近は便秘気味の人が増えています。便秘になってしまうと、腹痛やぽっこりお腹など様々な変化が体に現れ始めます。そもそも便秘とは、どういった状態のことを指しているのか知っている人はあまりいません。そういった人の中には、便秘になっていても気づかずに生活している人もいるでしょう。もし、最近排便をした記憶がないという人は、便秘について調べてみてください。便秘とは、週に三回未満排便が無い人のことを言います。そのため、二日に一回は必ず出ているといった人は便秘には該当しないでしょう。もし、週に三回以上排便をしていても、残便感やぽっこりお腹に悩んでいる人は、病院を受診してみて下さい。医師に相談することで、原因を探すことができます。

ぽっこりお腹は、単に太っていることだけが原因ではありません。便秘も大きな原因の一つです。便秘になってしまうと、下腹部に便が溜まりぽっこりお腹の原因になるのです。そういった場合は、まず食物繊維が豊富に含まれた健康食品を摂取したり、便秘薬を飲んでみたりして様子を見て下さい。食物繊維が足りないことが原因なら、健康食品を使うことで改善することができます。しかし、それ以外のことが原因だった場合は、便秘薬を使った方がいいでしょう。ストレスや水分不足が原因の場合は、健康食品を摂取してもなかなか出すことができません。そのため、便秘専用の薬を使って便を柔らかくし、排便しやすい状態にする必要があります。そうすることで、ぽっこりお腹の改善にもつながるでしょう。

使用方法を守る

女の人

浣腸を使って、ぽっこりお腹の原因でもある便秘を改善する場合はきちんと用法用量を守ってから使うようにしましょう。そうすることで、安心して使うことができます。使用後に、体調に変化が起きた場合は直ぐに病院に行って医師に診察してもらって下さい。

詳細

タイプを選ぶ

お腹

便秘薬を使ってぽっこりお腹の原因でもある便秘を治すならば、非刺激性のものを使うようにするといいでしょう。即効性には期待することができない場合もありますが、刺激性の物に比べると、痛みが少ないので使いやすいでしょう。

詳細