使用方法を守る|ぽっこりお腹を改善する方法┃薬を使ってみましょう
ウーマン

ぽっこりお腹を改善する方法┃薬を使ってみましょう

使用方法を守る

女の人

ぽっこりお腹を改善するためにも便秘は早い段階で治した方が良いでしょう。便秘の治し方にはいろんな方法がありますが、今回は浣腸を使った改善方法を紹介します。浣腸を使って排便を促すことで、すぐにぽっこりお腹を改善することができ、便秘が原因の張りや腹痛も治すことができます。しかし、体内に薬を直接いれる方法のため、どういった成分が使われているのか気になる人も少なくありません。浣腸の主な成分は、グリセリンで、これは動物や海藻に含まれているアルコール成分の一種と言われています。グリセリンは水に溶けやすく、強い吸湿力を持っている特徴があります。そのため、浣腸の主成分として使われています。グリセリンを主成分にすることで、腸の壁から粘液や水分を吸収し、直接、腸を刺激します。身体の内側から腸を刺激することで、ぽっこりお腹の原因でもある溜まった便を外に出すことができるのです。浣腸の効果を上げるためにも、使用後は少しの間、便意を催しても我慢するようして下さい。使用する浣腸の種類にもよりますが、時間を置くことで成分が腸の奥まで届き、より多くの便を出すことができます。そのため、使用した後は何か気を紛らわすことができるアイテムを近くに置いておくといいでしょう。そうすることで、多少は便意から気を紛らわすことができます。ぽっこりお腹の原因でもある便秘を解消するため、浣腸を使う場合は使用上の注意を良く読んでから使うようにして下さい。他の薬を服用している人は、使う事ができない場合もあります。